CONTENTS

H29年度 合格体験談より 学芸大大泉・早稲田合格 幼稚園の先生だからこそ幼児教育の大切さを実感

H29年度 合格体験談より 「学芸大大泉・早稲田合格」 
母親が幼稚園の先生だからこそ感じてきた、幼児教育の大切さ


母親である私自身、現在、幼稚園の先生をしており、だからこそ幼児教育の大切さをこれまで感じてきました。
まずは基本的な家庭生活を大切にすることが第一ですが、幼稚園の方針が一致することも大切だと思っており、それが実現できるのが自分の勤務する幼稚園に息子をいれることでした。ところが諸事情で入園できなかったことがきっかけで、ならば小学校は自分たちの納得できる方針の学校にいれたいと思ったのが、小学校受験のきっかけです。
 けれども、始めたのが年長になってからだったため、息子がフォレスト幼児教室に入った当初は、他の子に後れをとっており、本人にもそれがわかるため、かなり自信喪失していました。普段はリードをとって元気に遊ぶタイプなのですが、教室ではそれがなかなか発揮できずにいました。
 それが武田先生の励ましや、的確なご指導のおかげで、夏位になって、ようやく慣れてきました。それからは、どんどん伸びが見えてきてほっとしました。
 
 息子を通して感じたのは、幼児教育というのは、知育も含め、また集団の中で育まれる協調性など、きちんとした指導があってこそ、より効果がでるものだということでした。 特に武田先生の「発言力特訓」が春過ぎから月1度行われ、短期間ではありましたが、集団の中でもしっかりと自分の意見をいうことができるようになりました。
 こうした合格がとれたのも充実した講習のおかげだと感謝しています。

体験日当日のお問い合わせ先:  090-8336-7640

お申込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-159-419
お問い合わせ・お申し込みフォーム 通常メール
pagetop